2012年01月09日

古代エジプト創世神話 [要約/まとめ]

世界の始まりは原初の水
水面の卵orハス(花)から天地創造者ラー誕生。
ラーの子:シュー、ゲブ、テフヌト、ヌトの4神。
シュー、テフヌト:大気、ゲブ:大地、ヌト:天空。
ゲブ、ヌト:息子・セト、オシリス。娘・イシス、ネフテュス。
オシリスは妹イシスを妻とし、ラーの後継となるが、セトが殺害。
イシスはアヌビス(犬顔)の助力をえて、オシリスの遺体に防腐処置。
イシスの魔力で復活したオシリスは、死者の国の王となる。
オシリスとイシスの息子ホルス(隼顔)はセトに勝利し、世界を支配。
posted by cari.jp at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53023648

この記事へのトラックバック