2009年09月30日

29日(火) 2009年9年

朝食:お寿司、味噌汁。

昼食:うどん。
もやしをさらえて、葱・わかめを入れる。

夕食:ご飯、なすの肉詰め・・・あと、忘れた。

ニュース:麻酔で眠るように…猫の処分に「安楽死」装置
秋田県動物管理センター(秋田市浜田)は、引き取った飼い猫を麻酔によって処分す
る「スリーピングボックス」を導入する。
購入費は、吸入麻酔装置と合わせて290万円
ボックスは45センチ四方で、1度に数匹のネコを入れ、吸気口から麻酔を流し込む
仕組み
センターには現在、犬用の炭酸ガスによる処置室があるが、ネコは犬に比べ炭酸ガス
への抵抗力が強く、長く苦しんで死ぬことになる。そのため、クロロホルムを使用し
たり、注射したりして安楽死させているが、職員がひっかかれてけがをすることもあ

2008年度にセンターへ持ち込まれたネコは1378匹。開設当初の1997年度
に比べ約1・5倍に増えた。子猫が圧倒的に多い
http://hp-i.net/k/news.cgi
私見:他の自治体(名古屋?)でも導入されるよう、寄付したいぐらいだが、起業に
エネルギー使い過ぎて、今300万円弱寄付するのはつらい。
僕が一部負担で、賛同を呼びかけるHPでも作ろうか?。
また、寄付では単発(散発)にしか実現できないので、事業に近い形ができるのが望
ましそうだ。
殺す装置を提供するのはつらいが、それをやらないと炭酸ガスで窒息死になる。
公務員一人の平均給与半年分にも満たない金額で購入できるのにそれすら惜しんで非
道な低コスト手法を多くの自治体がとっているのはやるせない。
ふるさと納税なんぞではなく端的に税金の使途の一部を選択できるようになるとい
い。
公的機関に使途を全部決めさせると結局、パーキンソンの法則(組織が不必要に肥大
化する現象)でせっかくの税金も浪費されて、必要なものに回らない。
できないことはできないでしょうがないかもしれないが、(財政規模から見て)たい
して高額でもない備品を購入できずにひどいことがまかり通っているのはおかしい。

以下、29日より前の出来事。

27日(日)
食事を5食食べる羽目になった<朝食、ブランチ(ガスト)、昼食、夕食(さと)、
夕食(焼肉の残り)。
一宮の施設に行く予定だったが、途中で予定が変わり、100円ショップで買い物をし
たりして帰る。
大河ドラマ「天地人」を見はじめて、途中で車で東区へ出発<関が原直後の話(石田
三成処刑、毛利減封など)。
残りは車の中で音声で聞く。

28日(月)

朝4時台ぐらいに起きて、キムチ納豆ご飯と味噌汁を食べ、しばらくしてまた寝る。

事務所で作業をしていると某からウェブ電話。
しばらく話しながら作業をし、郵便を出すついでに某を迎えに行く。
数字当てゲームなどをする。
夕食:(ヤマナカで買い出した)コロッケパン、焼きそばパン、しぐれおにぎり、梅
おにぎり、ブドウパン、低脂肪乳。
posted by cari.jp at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32560422

この記事へのトラックバック