2017年02月14日

[世界史1]古代オリエントの統一プロセス

 古代オリエントを最初に統一したのはニネヴェを都としたアッシリアであるが、残虐な統治のためその支配は長くは続かなかった。紀元前612年にメディアと新バビロニアの連合軍によりニネヴェが陥落しアッシリアは滅亡する。
 その後、四王国時代となるが、メディアの国内から勃興したアケメネス朝(紀元前550年〜紀元前330年)により、再び古代オリエントは統一された。
 初代キュロス2世が四王国のうちエジプトを除く三王国を征服し、次のカンビセス2世の時代にエジプトも征服された。
 アケメネス朝は各地にサトラップ(州知事)を置き、各地を王の道と呼ばれる幹線道路でつなぎ、その支配を盤石なものとした。
posted by cari.jp at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178766475

この記事へのトラックバック