2014年10月21日

英語発音・生物・2014年10月中旬の板書と日記

[英語 発音]データベース
http://8.cari.jp/?k=%B1%D1%B8%EC+%C8%AF%B2%BB&f=k

[生物]データベース
http://cari.jp/?k=%C0%B8%CA%AA&f=k

イオン化エネルギー(吸収エネルギー)大:陽イオンになりにくい。電子親和力(放出エネルギー)大:陰イオンになりやすい。

日本のバイオームの水平分布:針葉樹林・夏緑樹林・照葉樹林・亜熱帯多雨林。

夏緑樹林:ブナ・ナラ・カエデ。照葉樹林:シイ・カシ・クスノキ。

副交感神経の末端からは、アセチルコリンが分泌

遷移:植生が時間に伴って変化していく現象

花粉症は体液性免疫で起こるアレルギー

徳川斉昭:1800-1860

後ウマイヤ朝:なごむ(756)千才(1031)

HIVはヘルパーT細胞に感染

白血球は、食細胞・リンパ球。食細胞は、好中球・樹状細胞・マクロファージ。リンパ球は、T細胞・B細胞。

副腎:皮質から糖質・鉱質コルチコイド。髄質からアドレナリン。

すい臓:A細胞からグルカゴン。B細胞からインスリン。

脳下垂体:前葉から成長ホルモン・刺激ホルモン。後葉からバソプレシン。

脳:大脳・間脳・中脳・小脳・延髄

中枢神経系と末梢神経系。中枢神経系は、脳と脊髄。末梢神経系は、体性神経系と自律神経系。

魚類:1心房1心室。両生類・爬虫類:2心房1心室。鳥類・哺乳類:2心房2心室。

アウグスティヌスは、欲望から悪を犯してしまう原因を自由意志に求め、罪深い人間は神の恩寵でのみ救われると説いた。

都鄙問答(とひもんどう)は石田梅岩の著作

万葉代匠記は国学の祖である契沖の著作

糸球体とボーマンのうで腎小体。腎小体と細尿管で腎単位(ネフロン)。

ソフトcとソフトg:後ろがe・i・y。ハードc[k]とハードg[g]:それ以外。sc・ccの発音も同様。

真核生物ではスプライシングでイントロンが除かれエキソンがつながってmRNA作成

RNAの種類:mRNA・tRNA・rRNA

翻訳:3塩基で1つのアミノ酸

転写:DNAにRNAポリメラーゼがくっついてRNAを作る。翻訳:mRNAにリボソームがくっついてタンパク質を作る。

B.C.:辛えや(208)陳勝死去

ヌクレオチドは、糖(デオキシリボース)にリン酸と塩基が結合

18日(土)

朝食後、赤子を一人伴い、車でYを送る。一旦、帰宅した後、PCや書類を持って事務所に移動。

夕食は煮物・もやしとニンジンの炒め物など。
昨日に続き、イオンで購入したちりめんおかかをご飯にかけて食べた。・・・が、食品添加物だらけ(タール色素だけでも何種類も)。成分表示をよく見なかった僕も悪いが、スーパー側もそこら辺も配慮してくれるとありがたい。

朝食・昼食・夕食も総じて前日からの残り物の消費が中心。

17日(金)

自転車でYを送った後、自宅に戻り、仕事。

Rが義母と仕事にでかけたため、事務所に移動して仕事。

自宅に戻り、カレーライスと前日残りのホワイトシチューを食べる。

16日(木)

夕食はホワイトシチューなど。Mが作ってくれた。

夜、寝室で横になり、「アメトーーク」を見た後、就寝。

15日(水)

朝食後、車でYを送る。園の前に駐車監視員の方々(お二人)がみえていた。帰宅し、自宅で仕事。

携帯着信があり、携帯を手に取ると・・・画面がざーざー。

昼食後、仕事の続き。

携帯修理のため某モール内のショップに行く。途中(手続き中)、100円ショップに行き、カードリーダー購入。

14時半頃、帰宅。

夜、寝室で横になり、北野武監督・主演の「アウトレイジ ビヨンド」(暴力団もの)を見た後、就寝。

14日(火)

自転車でYを送った後、自宅で仕事。

昼食:麻婆豆腐丼。

母来訪。必要書類とおかずをもらう。

夕食は刺身など多い。但し、ご飯が少なかったのでマンゴー梅酒を飲む。

13日(月)

夜、寝室で横になり、ダウンタウン司会のお笑い番組を見た後、就寝。

11日(土)

Yの運動会に参加。会場の敷地内でお弁当を食べてから帰る。

12日(日)

町のお祭り準備に伺う。ただ、あまり役には立たなかったっぽい。

昼前、父母や甥が来て事務所所在地の町のお祭りに参加。

町のお祭り準備に再度伺うが、予定が早まって既に終わっていた。お菓子や配布物を頂いて帰る。

東山動物園に行く。キリン、ユキヒョウ(でっかにゃーにゃ)、カバ、サイなどを見る。キリンは近くで餌を食べるところを見える場所があり結構な迫力だったが、Y個人としては近くのダチョウの方がお気に入りだった感じ。象は見ることができなかった。

帰りに近場のイオンに寄る。Yが泣き叫んで大変。紙おむつを使えば楽なのに・・・と思う。
posted by cari.jp at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104800663

この記事へのトラックバック