2017年01月21日

2017/01中旬

英語データベース
http://k13.blogoo.ne.jp/e3724758.html

ooの発音:[u:]原則。[u]wool・wood・hood・hook・book。超例外blood・flood。

40億年前:生物誕生。20億年前:真核生物誕生。10億年前:多細胞生物誕生。

[示準化石]古生代:三葉虫・フズリナ。中生代:アンモナイト・恐竜。新生代:ビカリア・大型哺乳類。

17日(火)

昼食:焼きそば、卵焼き。

センター試験「簿記・会計」 電卓不正の6人は勘違い? 検定は使用OK
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00010001-doshin-soci
センター試験に簿記・会計という(数学の選択)科目があったのか。はじめて知った。勘違いなら追試を受けさせてあげてもいいと思う。

「殺処分ゼロ」追求の裏側で、闇に消える犬や猫たち…ペット流通、法律のあり方議論
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00005587-bengocom-soci
ペットショップはペットを買うところではなく、ペット用品を買うところという認識を持つ人が増えることを祈っています。

熊手で土を若干耕し、リンゴとレモンの種を裏庭に撒いておいた。
しばらく前に小さくて食べにくく皺しわになりかけたミカンを大量に撒いておいたのだが捨てられたっぽい。少し切ない(笑)。

昨日モルモン教の方にお会いしたというのもあるので、僕の宗教観を書いておこう。
僕は・・・不可知論者です。要するに神や形而上学のことは神ならぬ人間(僕)にはよくわからないということです。
無神論はそれはそれで強い主張なので宗教を信じている人と衝突する可能性があります。
不可知論なら無神論よりは衝突しにくい。処世術的なものも入っていると言われればそうだと思います。
全知全能の神が人格神で人間のことを気にかけてくれているという発想はピンとこない(自然に感じられない)日本人が多いと思いますが、そうかといってそれを否定する証明ができるわけでもない。
内心に留める分には何でもありでしょうが、外に表明するなら無神論より不可知論がいい考えの気がしますが無神論より言葉としてマイナーなのが欠点か?。

16日(月)

中部日本放送の株が758(名古屋)円で買えたのだけど、これは洒落心を持って発注する人がいる結果なのだろうか?。

昼食:カップヌードル(醤油)。

夕方、自転車で外出。
100円ショップに行き、くま手・スコップなど購入。
探せば絶対実家にあるけど、100円ショップだと気軽に買ってしまう。
寿がきやラーメンを食べ、記帳に回り、金券ショップへ行く。
帰りにモルモン教(キリスト教の一派)の宣教師2人組にお会いする。
無料で英会話教室(goeigo)をしているという情報(チラシ)をゲット。
帰って猫の点滴注射がてら実家に行き母に話すと母は知っていた。知らないのは僕ばかりか。
でも、ネットで調べると近場は週一で平日夜の模様。予約を入れずに仕事が早めに片付いたら行く・・・とかでもいいのかな?。
とりあえず・・・もう少し温かくなってから行こう・・・とか考えると結局行かなそう(^^;。

15日(日)

ベクトルの内積は余弦崩れ(余弦定理の派生):1/2(a^2+b^2-c^2)

スタディサプリのセンター生物の視聴が終了。

昼食はぶっかけ味噌汁ご飯。

huluで劇場版(実写版)「トランスフォーマー」を英語音声・英語字幕で視聴。

huluでアニメ「ふらいんぐうぃっち」を視聴<前日寝る前から。
と言っても前にも見たけど・・・お気に入り?。
際立った不幸も悲しみもなく、のほほんと話が展開していく癒し系ストーリーというところ。
心をかき乱されたくないときにお薦め?。

huluではウインドウを二つ開いて一つは英語音声のもの、もう一つは日本語音声のものみたいな感じで視聴するスタイル・・・が定着するかな?。

huluの欠点はある部屋で再生してそれを停止した状態で別の部屋で見ようとすると他の部屋のやつを消せと頻繁に表示され再生できないこと。わざわざ消しにいかないといけない。
同時再生ができないのはいいとしても、停止しているなら他の場所で再生させて欲しい。

最近食材から出た種は撒いておこう・・・という感じになっている。
しばらく前ピーマンと思われるものが生えてきていたのだけど枯れてしまった。寒さに耐えられなかったか?。
食材から出ると撒いておくので撒く時期などはおかまいなし。簡単にできるコツがあれば教えて欲しい。
今日は裏庭にリンゴの種を撒いてみた。
みかん等柑橘類はよくなる。爺さんが残してくれた財産と言ったところ。自分の家では消費しきれないので人にあげるけど自分も食べて人にあげられるのはいいことだと思う。

夕食:カキフライ弁当

スタディサプリでセンター対策講座を視聴。起きているときは数学や物理。横になると漢文を多く視聴。
huluでシュレック(1)を英語音声・英語字幕で視聴。
huluでトップガンを日本語吹き替えで見始める。
トムクルーズ主演作品は英語字幕・音声、日本語吹き替えのすべてが揃っているものが多い模様。

13日(金)

夜、寝る前にhuluでトムクルーズ主演の宇宙戦争を視聴。
ミッションインポッシブルなどトムクルーズ主演作品は日本語吹き替え、英語音声・英語字幕などが揃っていることが多い。
英語学習などを考えるとお薦めかも。
映画が進むにつれ、このペースでは終わらないだろう。バットエンディング?。と思ったが落ち着くところで落ち着いた。
途中から何となく似た感じのエンディングも想定したけど。
posted by K at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月17日

2017/01/14 愛知・父子死亡1カ月 母性優先関連

「父ちゃん死ぬなら僕も」メモ残す。父子は2人暮らしで、長男の親権を失った父親が将来を憂える内容のものもあった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000005-mai-soci&pos=1

この案件についてはわからないことも多いので断定はできないが、親権帰属に関して司法は違憲審査権を独占するゆえに憲法を軽んじていると思う。
憲法は全ての人に居住・移転の自由を認めている。
下位の法や司法は子供を守るために限定的に子供の居住・移転の自由に干渉できるのであって、子供を女親の所有権の客体のように扱い全ての居住・移転の自由を奪うなど許されない。

母子の2人暮らしだったら親権を失うことは稀かも。
子供は自己決定権(居住・移転の自由)に基づいて行きたい近親者のところに行けるようにすべきだと思う。
http://k13.blogoo.ne.jp/e3813423.html

母性優先の原則は女の人にとってもいい制度とは思えない。
自分の親権や監護権の取得には有利だろう。
でも、自分に息子が産まれればその息子は不利になる。
自分の孫が虐待されても手が出せなくなる。
孫が耐えかねて自分の所に逃げてきても虐待ハウスに強制送還する羽目になる。
この制度は誰にとっていい制度なのだろうか?。
このような悪法はすぐに正すべきだと思う。
posted by K at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月14日

2017/01上旬・日本史・日記

日本史データベース
http://cari.jp/?k=%93%FA%96%7B%8Ej

威張ろよ(1864)五稜郭完成

行くわな(1907)日仏協約・日露協約

筋肉の階層構造:筋繊維(細胞)>筋原線維(細胞内構造)>サルコメア

屈折の法則:n1×sinθ1=n2×sinθ2。λ1/λ2=c1/c2=sinθ1/sinθ2。

10日(火)

昼食:お好み焼き。
母が作ってくれた。醤油と鰹節をかけて食べる。

9日(月)

夢に伊藤賀一先生が登場。

KS来訪。車でK駅に迎えに行く。

中華料理屋Rで昼食。僕は豚骨ラーメンとチャーハンのセット。

産業技術記念館に行く。

車で知立に行く。ファミマに寄った後、駅で降ろして、帰路につく。

夕食:カップの醤油ラーメン。

毎日のことだが猫のHに皮下注射。腎臓が悪いので可哀想だがしょうがない。

huluで劇場版(実写版)トランスフォーマーを視聴。
戦っているときに味方と敵がよくわからなくなるのが難点。
途中、歩いてマックスバリューへ行き買い物。
続編の「トランスフォーマー/リベンジ」を一瞬見始めたがやめて就寝。

4日(水)

夕食:あんかけ系の煮物、ご飯、韓国のりなど。

huluではハリーポッター、ミッションインポッシブル等トムクルーズ主演系、シュレックやマダガスカル、ローマの休日等昔の名作系、ゴッドファーザーなどが英語音声・英語字幕が揃っている模様。
でも、配信期間がありハリーポッターはそろそろ配信停止の模様。

3日(火)

冷ご飯がたくさんあったので夕方に卵雑炊を作って食べる。

実家に行き、鍋を少し食べる。

子どもが売られない世界を作るため、寄付・募金・ボランティアの協力によりカンボジア・インドをメインに活動する国際NGO
/ 認定NPO法人かものはしプロジェクト
http://www.kamonohashi-project.net/

歴史秘話ヒストリア「東大寺七重の塔」を見る。

huluでミッションインポッシブル3を見てから寝る。
posted by K at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月09日

[English/日本語]

Request for abolishment of motherhood priority principle [Political request
/ Legislative request / Judicial request]
We request to abolish motherhood priority principle regarding attribution of
parental authority as well as to establish a system by which children may
determine where to stay on their own right of self-determination within a
range of close relatives.
In Japan where motherhood priority has been firmly secured, small children
are automatically entrusted to mothers on a priority basis in most cases
even if the mother has problems of DV or child abuse or the children have a
strong will to stay at their fathers’ house and therefore, it almost means
mothers practically have ownership of their children (slavery).
Even if children escaped from their mothers, a right of mothers to collect
their children takes priority over a right of children to escape.
While abduction, captivity and abuse by mothers are uncontrolled, people at
children’s escape destination are rather punished and mothers are even
protected by public authority’s cooperation for collecting their children.

Even though they may be arrested by child abuse if the abuse is at extreme
with clear evidence reaching at a level unable to be concealed, it’s only
the tip of the iceberg just like a case that a person who abused animal is
arrested by an animal law.
Many of child abuse cases may be prevented just by approving children with
self-determination right (mainly a freedom of escape to their close
relatives).
 Equality between the sexes, freedom from bondage of any kind, freedom of
residence and transfer, and a right to seek for happiness are stipulated in
Articles 14, 18, 22, and 13 of the Constitution, respectively.
Even though Japan has acceded Hague Convention and taking-off of children
is illegal globally, such behavior by mothers is not controlled within
Japan.
Therefore, we firmly request to abolish motherhood priority principle
which forms a hotbed of child abuse as well as to establish a system to
approve a right of self-determination for children to select where to stay.

母性優先原則の廃止要望[政治的要望/立法的要望/司法的要望]
 親権帰属に関する母性優先の原則を廃止し、近親者の範囲では、子供は自己決定権に基づき、自分の居所を定められる制度の確立を要望致します。
 母性優先の原則の強い日本では、女親にDVや児童虐待などの問題がある場合でも、また、子供が男親の元にいたいという意思を強く持っていても、子供が幼い場合には機械的に女親が優先される場合がほとんどであり、実質的には女親が子供の所有権を持つ(奴隷制度)と変わるところがない。
 逃げ出した場合には、逃げる権利よりも、回収する権利が優先されます。
 女親による子供の拉致・監禁・虐待は自由で、むしろ、逃亡先を罰したり、回収に協力するなど公権力により保護されています。
 程度がひどく、明らかな証拠があり、揉み消せないレベルに達した場合には、児童虐待で捕まることはあるが、氷山の一角であり、動物虐待が動物愛護法で捕まることがあるのと似ています。
 子供に自己決定権(主に近親者への逃亡の自由)を認めるだけで防げる児童虐待は多々あります。
 憲法は14条で男女平等、18条で奴隷的拘束からの自由、22条で居住・移転の自由、13条で幸福追求権を定めています。
 日本はハーグ条約に加盟しており、国際的には連れ去りが違法なのに国内での女親の連れ去りは自由です。国際的な拉致問題を抱えている日本自体が女親の拉致天国の状態です。
 児童虐待の温床となっている母性優先の原則を廃止し、子供が居所に関する自己決定権を持つ制度の確立を強く要望致します。
posted by K at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月07日

母性優先原則の廃止要望[政治的要望/立法的要望/司法的要望]

 親権帰属に関する母性優先の原則を廃止し、近親者の範囲では、子供は自己決定権に基づき、自分の居所を定められる制度の確立を要望致します。
 母性優先の原則の強い日本では、女親にDVや児童虐待などの問題がある場合でも、また、子供が男親の元にいたいという意思を強く持っていても、子供が幼い場合には機械的に女親が優先される場合がほとんどであり、実質的には女親が子供の所有権を持つ(奴隷制度)と変わるところがない。
 逃げ出した場合には、逃げる権利よりも、回収する権利が優先されます。
 女親による子供の拉致・監禁・虐待は自由で、むしろ、逃亡先を罰したり、回収に協力するなど公権力により保護されています。
 程度がひどく、明らかな証拠があり、揉み消せないレベルに達した場合には、児童虐待で捕まることはあるが、氷山の一角であり、動物虐待が動物愛護法で捕まることがあるのと似ています。
 子供に自己決定権(主に近親者への逃亡の自由)を認めるだけで防げる児童虐待は多々あります。
 憲法は14条で男女平等、18条で奴隷的拘束からの自由、22条で居住・移転の自由、13条で幸福追求権を定めています。
 日本はハーグ条約に加盟しており、国際的には連れ去りが違法なのに国内での女親の連れ去りは自由です。国際的な拉致問題を抱えている日本自体が女親の拉致天国の状態です。
 児童虐待の温床となっている母性優先の原則を廃止し、子供が居所に関する自己決定権を持つ制度の確立を強く要望致します。

Request for abolishment of motherhood priority principle [Political request
/ Legislative request / Judicial request]
We request to abolish motherhood priority principle regarding attribution of
parental authority as well as to establish a system by which children may
determine where to stay on their own right of self-determination within a
range of close relatives.
In Japan where motherhood priority has been firmly secured, small children
are automatically entrusted to mothers on a priority basis in most cases
even if the mother has problems of DV or child abuse or the children have a
strong will to stay at their fathers’ house and therefore, it almost means
mothers practically have ownership of their children (slavery).
Even if children escaped from their mothers, a right of mothers to collect
their children takes priority over a right of children to escape.
While abduction, captivity and abuse by mothers are uncontrolled, people at
children’s escape destination are rather punished and mothers are even
protected by public authority’s cooperation for collecting their children.

Even though they may be arrested by child abuse if the abuse is at extreme
with clear evidence reaching at a level unable to be concealed, it’s only
the tip of the iceberg just like a case that a person who abused animal is
arrested by an animal law.
Many of child abuse cases may be prevented just by approving children with
self-determination right (mainly a freedom of escape to their close
relatives).
 Equality between the sexes, freedom from bondage of any kind, freedom of
residence and transfer, and a right to seek for happiness are stipulated in
Articles 14, 18, 22, and 13 of the Constitution, respectively.
Even though Japan has acceded Hague Convention and taking-off of children
is illegal globally, such behavior by mothers is not controlled within
Japan.
Therefore, we firmly request to abolish motherhood priority principle
which forms a hotbed of child abuse as well as to establish a system to
approve a right of self-determination for children to select where to stay.
posted by K at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月06日

歴史年号(年表) 2016年更新分

歴史年号データベース
http://cari.jp/?k=%97%F0%8Ej+%94N%8D%86

57年 奴国王が中国後漢に使いを送り、光武帝が金印を授ける。

1871年 琉球漂流民殺害事件

1874年 台湾出兵(征台の役)

1917年 石井・ランシング協定

1922年 ワシントン海軍軍縮条約締結

1930年 ロンドン海軍軍縮条約締結

1932年 リットン調査団派遣
posted by K at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

世界史年表 2016年更新分

世界史年号データベース
http://cari.jp/?k=%90%A2%8AE%8Ej+%94N%8D%86

105年 蔡倫が和帝に改良製紙法献上

220年 (魏に)禅譲で後漢滅亡

280年 呉滅亡

414年 広開土王の碑

494年 北魏孝文帝が洛陽遷都

552年 突厥が柔然を滅ぼす

726年 東ローマ皇帝レオ3世が聖像禁止令発布

909年 ファーティマ朝成立

916年 遼建国

929年 後ウマイヤ朝カリフ即位

936年 遼が燕雲十六州獲得

1076年 ムラービト朝がガーナ王国征服

1241年 ワールシュタットの戦い

1328年 ヴァロワ朝開始

1348年 ボッカチオ『デカメロン』

1438年 ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝世襲開始

1494年 トルデシリャス条約

1529年 サラゴサ条約

1545年 ポトシ銀山(ボリビア)

1562年 ユグノー戦争開始

1572年 サン=バルテルミの虐殺

1619年 バタヴィア建設

1623年 アンボイナ事件

1626年 ニューアムステルダム建設

1664年 ニューヨーク

1673年 (英)審査法

1679年 (英)人身保護法

1681年 ペンシルバニア

1683年 康熙帝が鄭氏台湾征服

1689年 ネルチンスク条約

1732年 ジョージア

1765年 印紙法
posted by K at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月02日

日本史年号(年表) 2016年更新分

日本史年号データベース
http://cari.jp/?k=%93%FA%96%7B%8Ej+%94N%8D%86

764年 恵美押勝の乱

1028年 平忠常の乱

1633年 第1次鎖国令

1842年 天保の薪水給与令

1900年 軍部大臣現役武官制

1906年 堺利彦らが日本初の社会主義政党(日本社会党)結成

1919年 選挙納税資格を直接国税3円以上に引き下げ

1930年 浜口内閣の金輸出解禁

1933年 満州事変後の塘沽休戦協定

1940年 大日本産業報国会創設

1948年 昭和電工事件で芦田内閣退陣

1953年 テレビ放送開始

1970年 大阪万博

1976年 ロッキード事件で田中前首相逮捕
posted by K at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記